ぬいぐるみパパのブログ

脳と心と感情の仕組みを攻略すれば頑張らなくても夢実現できる🌟 夢を叶えるバーチャル伝道師、ぬいぐるみパパです。みんなと一緒に楽しく夢実現する為に、メンタルやマインド、世界や経済の秘密を学生さんにも分かりやすくテキトーにお伝えしてます。20年以上究極の自由を追求してきた結果、現在は幸せなぬいぐるみライフを送っています。

悩みを意識せず一足飛びに楽しいを目指す練習をしよう

f:id:aikanekomatapapa:20200823180525p:plain


ぬいぐるみパパのツイート解説、本日はこちら
f:id:aikanekomatapapa:20200823180643j:plain

大抵の人が「悩みは解決したい」と思っても「人生を楽しくしたい」という発想を真剣に考えようとはしません
目の前の苦痛から逃げる、これが生存本能なのでどうしても問題点にばかり意識がいく、これも当然の流れです
なので最初は「努力して楽しいを真剣に考えよう」くらいの意識で習慣化すると良いかもです

ということですが、ほとんどの人は普段自分が「悩み」と「楽しみ」、どちらをより意識してるかなんてこと自体、考えたこともないかもしれませんね。

深刻な悩みに対して悩むことに人生の大半を費やす、っていうのは比較的ありがちなパターンですが

人生を楽しみたい、もっと楽しいことを探したい、と日頃から常に楽しいことに意識を向け続けてる人ってまずいなくて。

悩みモードじゃなくて楽しいこと探し、ワクワクする方に意識の矢印を向け

それを本当に真剣に、「もっと楽しみたいんだ!どうしたらより人生が楽しくなるんだろう?」と前向きに研究する人って、なかなかいないんですよね。

(なぜか「楽しい」と「真剣」が相反するイメージすらある)

そういうと、「普段の人生、普段の生活で、そんなに楽しいことがないんだから仕方ないじゃん」って言う人もいるんですけど

そうじゃなくて、人生楽しくないことばかり→だから悩みばかり意識してる、だったらずーっと楽しくないじゃん?って僕は思うんですよ。

現状がどうであれ、意識を向けた方に人生は転がっていくんです。

僕が実際そうだったんですが、現状がどん底であれ何であれ、「いや、僕は楽しい人生を生きたいんです!」と常に真剣に願ってたんですね。

どんな状況でも自分の未来に対してはすんごく強烈に意識してて、「頑張らずに、無理せずに、楽しく生きたい!ただそれだけなんです!」って。

深刻な悩みがある時でも、人生がどん底な時でも、ずーっと真剣に「もっと楽しい人生にするには?」と自己対話、自問自答してた時期があるんですよ。

だから、結局あなたはどうしたいの?どっちに進みたいの?人生をどういう風に舵取りしたいの?って問われた時に出た本音が、あなたが実際に向かってる進行方向なんです。

マイナスをゼロにしたいと望む人は、ゼロにたどり着くことはあっても、決してプラスには到達できないよね、そもそも望んでないんだから、と。

「苦しみから逃れたい」っていうのは、やっぱり人間の深層心理の欲求、生存本能に直結した願望だから

生物的にもやっぱり一番強烈な意識じゃないですか。

一番強い願望なので、当然日頃から「苦痛から逃げたい」ばかりを意識する。

つまり、問題点というか、ネガティブな課題にばかり意識がいく。

常に、「逃げたい逃げたい」って本能的に感じるのが、生物的にも当然なんだけど

そこを一足飛びで、「楽しい方向、幸せな方向」にずっと意識を向けてると、自動的に自分の行動や発想が楽しい方に進み出すんですね。

これって実は当たり前のことで、例えばスポーツ心理学とかでもよく言われるんですけど

スキーをする時に、意識している方、注目している方に、勝手に体が向かおうとするんです。

だから、初心者の人がスキーをしていて、たまたま前方に木が見えちゃった、と。

「あ、やばい!あの木にぶつかるかもしれない!」って思えば思うほど、木ばっかり意識して

「ダメダメ!ぶつからないように木じゃない方に行かなきゃ!」って考えれば考えるほど、強烈に木を意識しちゃうから

真っ直ぐに木にぶつかっていってしまう、とか(笑)

自転車に乗りたての人が、そっち行っちゃ駄目!って思いながらも、焦ってそっちに行っちゃう、だったり。

やっぱり意識し出すと、意識した方向に自分ごと向かっていってしまう、という回路に人間自体が元々なってるんですよね。

なので、結局悩み事ばかりを意識してると、「ずっとずっと悩みに悩まされる」という人生設計を脳内で築いてしまって、そのプラン通りに生きてしまう

っていうモードに入っちゃうので。

自分の現状は大変かもしれない、今は全然満足してないかもしれない

けど、それは一切関係なくて、「自分はどっちに舵を取りたいか、自分はどっちにスキーを滑らせたいか、自転車でどっちに突っ込みたいか」っていう感覚で考えたら

僕は「楽しく生きたい!」と心底思ったんですよ。

面白おかしく生きていきたい!という方向に、自分の意識の矢印を絶対に「楽しい」に向け続ける

っていうのを、若い頃に教わったり、実際そういう人達を見てきたからってのもあるんですけど、実践してきました。

自分の舵は絶対「楽しい」からブラさないって決めて、ずーっと実行してきたんですね。

だから、常に「楽しい」を意識する。

とても他の人が「え、今そんな場面じゃないよね…」って思うようなシチュエーションでも、常に「楽しい」を意識して

楽しい方に舵取りするにはどうすればいいんだ?ってずーっと脳の中で繰り返す。

例えば、会社で上司が激怒してて、叱られてるとしてもですよ

お客さんがすごいクレーマーで、怒鳴られてる最中だとしてもですよ

脳の中で何を考えるかは、自由じゃないですか?(笑)

だから、常にそこで深刻にならず、「ガーって言われてる…言われてる…けど、私の人生を楽しむにはどうしたらいいんだろう?」と矢印を常に強引にでも楽しいに向け続ける

それすらも、僕にとってはゲームなんですよ。

そういう風に、現実世界でどツボにハマっている自分を眺めながら、「そっから抜け出すんだったらこっちがいいよ」と舵を取るもう一人の自分、本体の自分がいる、ってイメージで考えて

何度も何度も反復しながら、脳の中で楽しい方向性を探る思考習慣をつける

っていうのを僕も若い頃からずっとやってきて、実際に面白おかしく生きる人生を実現できたので、良かったら参考にしてもらえたらなと思います。

ぬいぐるみパパでした。



※こちらの記事は全て音声メッセージの書き起こしです

▽オーディオ解説や最新情報はこちら、Twitterのフォローよろしくお願いします!
twitter.com